1人で処理するのは限界?自分に合った脱毛法

- 足のケアとはどのようなものか

足のケアとはどのようなものか

脱毛をするときに足をやりたいと言っても実はいくつかのパートに別れています。
足の甲、ヒザ、ヒザ上、ヒザ下など、部分部分での施術が必要となってきます。
そもそも女性にとってはスカートは通年を通して、そして夏場などはショートパンツや水着を着る機会が増えるためにどうしても必要となってきます。
そんな足のケアとはどのようなものか説明していきます。

光脱毛

サロンでの脱毛方法は光治療があります。
光治療は毛根に光のエネルギーを吸収させて弱くしてケアをしていく方法です。
質力が弱いので肌に負担をかけることなく痛みもありません。
その反面施術回数は多くなります。
1度の施術では綺麗にしきれないので、1ヵ月から2ヵ月で1年から2年ほど通う必要がある場合もあります。
しかし、元々は美顔法としてあったものを用いた物なので、足の毛のケアだけでなく、美肌効果もあるかも知れません。

レーザー脱毛

レーザー脱毛は光脱毛よりも出力が高く強力です。
そのために、すね毛が濃くて気になっている人などには向いているかも知れません。
しかし、出力が高いので痛みを伴うこともありますし、値段も高くなってしまいます。
ただし、一気に綺麗にしていくことで月に1度約半年ほどで完了していき、短期間で効果が望めるでしょう。

ボトム・綺麗な足にするためには

足のケアはエステサロンなどでも人気の高い場所です。
ヒザ下つまりスネは特に人目に非常につきやすい場所です。
男性でもケアをしている人がいるのに、もしも自分にすね毛が生えていたら目も当てられません。
足のケアは自宅でも行うことはできるのですが、どうしても自己処理の回数が多くなってしまい、カミソリやクリームで行うことで毛穴が汚くなってしまったり、乾燥によって粉が吹いてしまうこと、またカミソリなどで傷を付けてしまうこともあります。
せっかくスカートやショートパンツを穿いて足を出すのであれば、しっかりとケアをして綺麗な足をだしましょう。

  « 前の記事: を読む  

Copyright(C)20151人で処理するのは限界?自分に合った脱毛法All Rights Reserved.