更新情報




脱毛の方法


夏場になると女性は薄着になる機会が多くあると思います。
通勤や通学もそうですが、屋外でのバーベキューやフェスやビアガーデンもでてきます。
その場合は上着を着て紫外線対策をするのも良いのですが、もっと開放的に夏らしい格好でいたいものです。
またや海や川、プールなどはさらに薄着となり水着になると思います。
このように薄着になる際に気になるのが、2つあると思います。
一つ目はダイエットです。
これは夏だけに限らず通年を通して気になることかも知れません。
ダイエットに関してはぽっちゃりはぽっちゃりでかわいいというエクスキューズができますが、もう一つ大事なことがあり、これはエクスキューズが利きません。
それがムダ毛です。
このムダ毛のケアですが、人によって様々な方法があります。
ダイエットもそうですが、他の人はどのようなムダ毛のケアをしているのでしょうか。
またそのメリットデメリットはなんなのでしょうか。

自己処理

自分で行うは自宅でカミソリや除毛剤などでできるために、比較的安く、また簡単にすることができます。
また、その場で効果がすぐわかるために、もっとも多くの人が年代を問わず利用している方法とも言えます。
非常に簡単で安いというのがメリットです。
しかしながら、カミソリなどを使用すると肌が荒れてしまったり、色素沈着や黒ずみなどの原因にもなり、次にはえてくる毛が濃くなると言われています。
そして、剃ったあとでは数日後には新しく濃い毛が生えてきてしまうので、数日おきなどにケアをしなければならなくなってしまいます。

専門機関

エステやクリニックなどで脱毛をしてもらう方法があります。
この場合には自分で何かをする必要はなく専門家が行ってくれるので非常に楽であります。
専門家に施術して貰う場合は事前にキレイモ脱毛口コミ情報を調べておくと良いでしょう。
また、自己処理とは違い、永久脱毛などをしてしまえば、毛が生えることがなくなるので、今後も気にすることはなくなります。
また、自分でやる場合と違いそり残しなどがないために安心です。
一方で、デメリットとしては、高額になってしまいます。
また1度ですべての施術が終わらずに数回通うことになってしまったりしてしまいます。
通うことが難しい人に取っては悩む部分でしょう。

ボトム・自分に合った方法は?

実はムダ毛のケアに関しては自己処理で行っている人が圧倒的に多いのだそうです。
カミソリや毛抜き、家庭で使用できる脱毛器などを利用しています。
しかし、その結果として、約3人に1人は自分で行うことに限界も感じているそうです。
綺麗に見せたいために行っている対策が実は肌を荒らしてしまったり、気がつかないところでそり残しなどがあったりして、逆に恥ずかしい思いをすることもあります。
金銭的な部分、そして時間的な部分で自分に合う方法がどちらなのかを知る必要があります。

Copyright(C)20151人で処理するのは限界?自分に合った脱毛法All Rights Reserved.